プロジェクトルームによる空室の有効活用

ご契約の流れ

※長期(1か月~1年間)の貸し会議室のご利用ニーズから、物件に合った利用者をご紹介します。
※貸し会議室としての備品の準備や運営は、お客様の用途に合わせて当社が行います。

プロジェクトルームのご利用例

プロジェクトルームのメリット・デメリット

メリット

デメリット

上記のデメリットが、気になる場合は、「貸し会議室」 による有効活用をご相談ください。

契約内容等

<サブリース契約の場合>
<仲介の場合>
ご利用者の紹介に関する当社への手数料の支払いは必要ありません。 ご利用者の紹介に関して、成約時に利用料の0.54か月~1.08か月分の広告費をご負担いただきます。
当社が借主となり、定期借家契約を締結します。 ご利用者が借主となり、定期借家契約を締結します。
仲介手数料・礼金・敷金・保証金は、原則としてありません。 礼金・敷金・保証金は、原則としてありません。
原状回復工事は通常行いませんが、ご相談可能です。 ご利用者が原状回復工事を行う契約とすることも可能です。

問い合わせする

ページ上部へ